ピークアンドバレー
とは

 
 
 

社名の由来

HOME | 社名の由来

由来

「ピークアンドバレー」を直訳すると「頂点」「谷」
 
「ピークアンドバレー」の社名は「人生山あり谷あり」という日本のことわざに由来しています。我が社は「人生いいときもあれば悪いときもある」という人生訓を社名をしているわけです(社名がそのまま社訓になっています)。
 
人が努力して何かを成し遂げようとする際、たゆまぬ努力の結果成功を収める人もあれば、なかなかうまく行かない人もいます。また、若い時に成功を掴んだのち、奈落の底に突き落とされ何もかも失ってしまう人もいます。
 
私たちは「努力にまさる才能無し」を信じるものたちですが、努力したからといって頂点に立てるとは限りません。そんなとき「腐らず、迷わず、あきらめず」の姿勢を持ち続けないといけません。上り坂は勾配が急であれば急であるほど、息も切れ登るのが大変です。登る山が高ければ高いほどそんなにうまく頂点には立てません。
 
また、運よく頂点に立てたとしても、謙虚さを忘れ奢りたかぶり、周りの人たちから反感を買う行動をとれば一気に谷底に突き落とされます。山の頂点では強風が吹き天候も変わりやすくやがて悪天候に見舞われます。頂点に長く立っていられるものではありません。
 
人生は登山の連続です。ある山を登ったら次は別の山を目指したくなります。平地にいる彼がいま見えている景色とは違う景色をこの目で見たければ、目の前の山を乗り越えなければなりません。
 
山に登ってはまた谷底に突き落とされる。突き落とされたらまたあきらめず再度登る。決してあきらめずにまた登る。
 
どんなときも謙虚さを忘れず、誰に対しても奢ることなく公平に接し、自らの境遇に不平は言わず、苦難に遭遇しても決してあきらめない。
ピークアンドバレー合同会社は未熟ながらもそんな会社でありたいと考え、この思いをそのまま社名に致しました。